title

スーパータダライズの副作用や注意点についてお教えします

スーパータダライズの副作用とは

スーパータダライズを服用する際に注意すべきこととして、副作用と薬の成分に対する注意事項があります。スーパータダライズはタダラフィルとダポキセチンという2つの成分を使用し製造されている医薬品です。

したがって、服用の際にはタダラフィルやダポキセチン単体で服用した時よりも副作用が多く、そして服用が禁忌となる条件や併用時に注意が必要な医薬品なども増加します。

スーパータダライズを服用する際にはこれらのことを知った上で服用を開始する必要があるため、服用前にはスーパータダライズの副作用や注意事項について知っておきましょう。

タダラフィルの副作用

初めに紹介するのはタダラフィルの副作用についてです。

タダラフィルの副作用には軽度の症状に始まり、非常に重度の症状も存在しています。まず軽度の副作用ですが、これは頭痛と顔や身体のほてりが症状として挙げられます。これらの症状はタダラフィルの作用によって体内の血管が拡張することによって発生する症状です。

頭痛は脳内の血管がタダラフィルの作用によって拡張し、脳を圧迫し神経が押されることにより起こる症状で、偏頭痛に似た痛みが発生します。

次に顔や身体のほてりですが、これは体中の血管が拡張し、血液が多量に流れるようになることで起こる症状です。

どちらの症状も時間の経過によって徐々に沈静化するため、落ち着いて対処をするようにしましょう。

次に重度の副作用についての紹介です。重度の症状として頻繁に紹介される症状として、プリアピズムとNAIONがあります。

プリアピズムは陰茎を通る動脈が損傷し、血液が海綿体内部に流れこむことによって発生する症状です。発症後処置を行わずに放置していた場合、慢性的な勃起障害を発症する、勃起機能が喪失するといった大きな影響が現れるようになります。

次にNAIONですが、これは正式名称を非動脈炎性前部虚血性視神経症と呼ぶ症状で、著しい視力の低下から失明などを引き起こす恐れのある症状です。これらの症状は早期対応を行わなければ、身体に対して非常に大きなダメージが発生する恐れがあります。

そのため、前兆症状や初期症状が現れた際には早期に医療機関を受診し、処置を受けるようにしましょう。

ダポキセチンの副作用

次にダポキセチンの副作用についてです。ダポキセチンは臨床実験の結果、重度の副作用が存在していないと証明された成分のため、服用時には過剰な不安を持つ必要はありません。

ダポキセチンの服用によって発生する副作用として、頭痛やめまい、下痢、吐き気、嘔吐といった症状があります。これらの症状はダポキセチンを服用し、脳内のセロトニン濃度が上昇する事によって起こる症状です。

セロトニンは人間の自律神経に対して影響を与える物質で、セロトニン分泌量が上昇し脳内のセロトニン濃度が高まると、血管の拡張や消化管の働きを調節する「副交感神経」というものがより活発に活動する様になります。

そうすると、脳内の血管が副交感神経の働きによって拡張し頭痛の症状が現れる、血管が拡張し血圧が低下する事によってめまいの症状が現れるようになります。そして副交感神経の働きによって消化管の活動が高まると、胃や腸の活動が強まってしまうため、下痢や吐き気といった症状が現れるようになります。

以上の症状は非常に軽度な症状であり、ダポキセチンを服用してから短ければ1時間、長くとも6時間ほどで症状が治まります。したがって、服用後頭痛などの症状が発生しても過剰な不安を感じる必要はありません。

しかし服用後6時間以上経過しても副作用が治まらない、症状が強まるといった時には、一度医療機関を受診し、診察を受ける事を推奨します。

タダラフィルの注意点

次はスーパータダライズに使用される成分を服用する上での注意点についてです。

まず初めに紹介するのはタダラフィルに対しての注意点です。

正しく服用しなければ非常に危険な副作用を引き起こす恐れがあるため、服用の際には注意点を把握した上で服用を開始するようにしましょう。

服用できない人

タダラフィルの服用ができない人として、重度の心疾患を発症している、脳卒中を発症しており、性行為そのものが禁止されている人がいます。

性行為の際には心拍数が平常時よりも上昇し、身体に対して大きな負荷がかかるようになるため、症状が悪化する恐れがあります。

更にタダラフィルの作用によって心臓や脳の血管に対して負担がかかるなど、多くの影響が出る恐れがあるため、これらの症状に該当する人はタダラフィルの服用が厳禁となっています。

併用禁忌薬

狭心症や心不全の治療に使用するニトログリセリンなど、硝酸薬との併用を行ってしまった場合、血圧の急低下によって命に関わる事態を引き起こす恐れがあるため、使用が厳禁となっています。

硝酸剤には経口薬以外にもテープ状の製品や口内スプレーと呼ばれる液体状の製品、注射薬など多数の製品があるため、使用時には注意をするようにしましょう。

また、硝酸薬以外にも血圧を低下させる作用のある製品は存在しているため、それらの製品を利用する際にも注意をするようにしましょう。

併用注意薬

タダラフィルは体内に吸収された後、肝臓でCYP3A4という酵素の働きによって分解され、体外へ排出されていきます。医薬品にはタダラフィル以外にもCYP3A4によって分解されるものがあるため、それらの薬と併用した場合、体内でタダラフィルが分解されるまでの時間が長くなる恐れがあるので注意が必要です。

また、医薬品の中にはCYP3A4の活動を阻害もしくは誘発する医薬品があるため、それらのものと併用した場合にも、効果や作用時間の増減が発生する恐れがあるので、注意が必要です。

ダポキセチンの注意点

次に紹介するのはダポキセチンに関する注意点についてです。

ダポキセチンはタダラフィルと比べて副作用が少なく、安全に服用できると言われていますが、服用時には注意をすべき事があるので、服用前には知るべきことを知るようにしましょう。

服用できない人

ダポキセチンを服用する際、虚血性心疾患や規律精神疾患といった症状を発症している場合は服用ができません。また、それ以外にもSSRIやSNRIといった抗うつ薬など、セロトニン作動性の医薬品を服用している場合も、ダポキセチンの摂取は厳禁となっています。

セロトニン作動性の医薬品は服用後約14日間、体内に成分が残留します。したがって、SSRIを服用した後にダポキセチンを服用するのであれば、最低でも14日間の休薬期間を設けた上で乗り換える必要があります。

併用禁忌薬

MAO阻害薬と呼ばれる種類の抗うつ薬とプリリジーの併用は厳禁となっています。

これらの医薬品を併用した場合、異常な高熱や硬直、間代性筋痙攣、心拍数の異常変動、精神の不安定化、錯乱、極度の興奮といった精神状態の変化を伴う自律神経の不安定化が起こる恐れがあります。

MAO阻害薬もSSRIなどの医薬品と同様、服用後14日間ほど体内に成分が残留します。

したがって、MAO阻害薬を服用し終えた後も最低14日間は休薬期間を設けるようにしましょう。

併用注意薬

併用の際に注意をすべき医薬品として、ED治療薬があります。ダポキセチンはスーパータダライズのようにED治療薬と併用するように服用する事があります。

しかしこれらの製品は1つで2つの薬が作用するよう作られたもののため、初めから1つの製品となるように成分量を調節し作られています。

ダポキセチンとED治療薬をそれぞれ別の医薬品として服用した場合、体内で血管の拡張が発生し、血圧の異常な低下によって低血圧や失神といった症状が現れる恐れがあるため、注意をするようにしましょう。

まとめ

スーパータダライズを服用する際には、薬効成分として配合されているタダラフィルとダポキセチン、この2つの成分によって発生する副作用、そして服用する上での注意点を把握する必要があります。

誤った方法や注意すべき点に対して配慮をせずに服用してしまった場合、身体に対して負担が掛かる事もあれば、重篤な症状が現れてしまう可能性もあります。

そのため、スーパータダライズを服用する際には各成分の注意点について正しく知り、その上で安全に服用を行うよう気をつけましょう。

また、安全に服用した場合でも体調や体質によっては身体に異変が現れる場合があるため、何かしらの異常を感じた際には医療機関を受診し、医師による診察と処置を受けるようにしましょう。

Page top